60分2.778円(税別)、リフレクソロジー、中国足心道、反射区施術、足つぼ、ふくらはぎ、足のもみほぐし、冷え、むくみ、しびれ、便秘、不妊、生理痛、不眠、腰痛、肩こり、副交感神経、男性歓迎

反射区

文字サイズ:

リフレクソロジー足心道施術が事前予約で60分2778円(税別)

                          初回初見料926円(税別)プラス

反射区施術イメージ

反射区とは

足心道「反射区療法」とは、今から約2.000年前中国大陸で誕生した
足は人間の身体の中心である」という理論に基づいた手技治療法です。

それ以前にも中国大陸には「観祉法」(かんしほう)と称して足の指先を観察し
その人の身体の弱っている所を見分ける方法が民衆の間で行われていました。

この“民間療法’’としての「観址法」を中国の歴史上、最良の名医と語り継がれている
漢方医「華陀」(かだ)によって、学問として体系化され「足心道」と名づけられました。

華陀は映画レッド・クリフの中で曹操に仕える医師として登場。

ところで、カイロ博物館には約4500年前のアンク・マホールという
外科医のお墓の壁画が保管されていますが、
そこには足もみ治療の様子が描かれています。

年代的には中国よりも前であり足もみ治療の最古の記録です。
カイロ博物館

1913年米国の耳鼻科医ウイリアム.フィツジェラルドが、足心道をヒントに
全ての人間の神経は足とつながっていることを証明し
足の反射療法」という名称で世界に発表しました。

現在では世界47ケ国が実践。

日本では、中国足心道療術学院学院長直江敏男氏
「中国足心道」という商標で普及発展に務めています。

商標権登録認可番号第4181050号
(日本で足もみで認可を受けたのは中国足心道が唯一です)

今日では北海道から沖縄、そしてアメリカ、アジア、オーストラリアなど
海外においても療術師が活躍しています。

ちなみに英語のREFLEXOLOGY(リフレクソロジー)とは反射療法のことです。

神経反射原理」は足の「反射区」という部分に刺激を与え、
その刺激を脳に伝えること事です、それが中国足心道の最大の原理です。

従って人間は生きている限り、たとえその人が植物人間であっても
脳が動いている限り、足心道は対処できるのです。

施術は人体のもつ「予備能力」「再生能力」「復元能力」を、最大限発揮できるよう
足の反射区という場所に刺激を与えるところからスタートします。

この三能力を発動させたのち、足にある62の全反射区からその人の症状に合わせ
必要な反射区を導き出し、文字通り狙い打ちで施術します。

  • 足には、特定の臓器、器官に直接つながる神経の集まる62ヶ所の
    「面」がありこの面を「反射区」と言います。
  • 反射区」の最も効果のある場所が「反射区点」です。
    その「反射区点」を刺激し臓器、器官を活性化させます。
  • 押した際の痛みの有る「反射区」を、重点的に施術します。
  • たとえば、腰痛の場合、腰椎の反射区を押すと痛みはありますが、
    腰椎の血行が良くなり組織細胞が活性化され、
    痛みがおおいに緩和されます。
  • 腎臓の反射区にある反射区点を押せば腎機能が高められ
    オシッコがよく出るようになります。

反射区の場所は反射区図をご覧ください。

自分で押してみましょう、反射区図はここをクリック

反射区に興味のある方,自分でもんでみたい方・・・
中国足心道療術学院 直江敏男学院長著
足揉みで病気が治せる」をご覧ください

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional